忍者ブログ

jesessのBLOG

ブランド靴コピーBLOGhttps://www.jesess.com/

木南晴夏の結婚はネットの話題となっている『花の後晴れ』の最終回は視聴者に声をかける

木南晴夏の結婚はネットの話題となっている『花の後晴れ』の最終回は視聴者に声をかける

  リンク:ブランド靴コピー       TXT:木南晴夏結婚


木南晴夏-幼い頃から宝塚歌劇団を愛し、姉の木南清香とともに「ベルサイユのばら」のキャラクターを演じ、その時から女優としての夢を樹立した。高校時代は2001年「夏の高校野球PR女子高生」に選ばれた。もともと宝塚北高校に通っていたが、芸能活動が始まってから東京に転校してきた。ドラマ『花後晴れ~花男Next Season~』(TBS系)の第10話が6月19日に放送された。前作「花より男子」で主役の一人である西門宗二郎を演じた松田翔太が、特設ゲストとして第10話に出演し、ネットで話題になった。

ルイヴィトン靴コピー 画像をクリックして新しいウィンドウで開くことができます

その中で、「花後晴れ」の俳優のひとり、紺野亜里沙を演じた女優の木南晴夏が、6月21日に俳優の玉木宏と結婚することを発表した。結婚の具体日はまだ公開されていないが、双方の事務所が結婚を確認した。各メディアは、近日中に動き回る可能性があると報じた。

木南晴夏が演じる紺野亜里沙は、ヒロイン・音(杉咲花)がアルバイトのコンビニの先輩。庶民の身分が無知で小財主の神楽木晴(平野紫耀)がからかっても全然気にしない;(江戸の川音と神楽木晴)が自分の彼氏と二重デートをしていた。江戸の川音の友人である真矢愛リー(今田美桜)と西留恵(飯豊せ絵)とともにたこ焼きパーティーなど。江戸の川音にとって、彼女は信頼できる存在だ。

実際、第9話から第10話までの冒頭部分で、自分の考えがわからないようになった江戸の川音が、紺野亜里沙を訪ねて相談する。これまで、江戸の川音を優しく守っていた紺野亜里沙は、「本当に利己的すぎる」と叱咤した。結局、君は最後に自分を傷つけることを恐れていたのではないか。知っていますか。そんなあなたこそ、人を傷つけるのです。江戸の川音の曖昧な態度で三角関係や四角い関係が複雑になっていたことに不満を示していたのが、「紺野の話が上手で、あなたの言いたいことを言ってくれ!」「紺野の言うことに対して、観客を代表するように話しましょう!」「紺野に言いたいことを聞いて気持ちいいです!」

第1話からずっと家の経済的な仕事をしていて、母親まで自分の婚約者でもありません。6月26日に最終回を迎えるというストーリーの中、揺れる三角関係が注目されている。最後に紺野は、江戸の川音に自分の態度を明確にすることができるのか?皆さん、楽しみにしていてください。

玉木宏は2006年にドラマ「のだめカンタービレ」で人気があり、10年前には「千秋の王子」というイメージが深い。21日には6歳の女優・木南晴夏と結婚したことを予想していなかったが、2人は過去に恋をしたことがないため、深夜に突然結婚し、日本の芸能界を震撼させた。


玉木宏と木南晴夏は8年前から友人の紹介を通して知り合いましたが、共演ドラマ「女の勲章」が恋の火花を拭いていたことから、2年近くの秘密の交際が続いており、2人が春のドラマを撮影しており、それぞれのクラスが遅れており、26日に正式に結婚し、関係者によると、2人はもともと6月に夫婦となる見込みで、女性は妊娠していない。

実は、玉木宏は2015年に取材を受けたとき、妻が結婚した後に仕事を続けたいと思っていて、完全な支持を与え、おばあちゃんに孫を見て、家族にいい期待を抱いてあげたいということを明らかにしました。女性側は今年1月にも、10代の時から、36歳前に結婚したいと思っていた。「私はまだ4年もある」と、5カ月後にはフラッシュが出たという。

Rss Feed:

PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R