忍者ブログ

jesessのBLOG

ブランド靴コピーBLOGhttps://www.jesess.com/

日本の便器の蓋は何が正しい「パクリ」だと教えてくれる

日本の便器の蓋は何が正しい「パクリ」だと教えてくれる

 

                            2018-06-11          リンク:ルイヴィトン靴コピー          TXT:日本の便器


日本の温水洗浄便器は、トイレの最大の革命者と呼ぶことができる。ある人は、トイレに足を踏み入れた後にスマートに蓋をしてすぐに自動的に開いて、自分を歓迎するようなように、心の中では楽しい感じがします。中国人が日本に来て買った便器の蓋は、実は温水洗浄システムの便器の蓋を買っています。壁の上のあるいは便器の側の操作板は多くの機能を操作することができます:例えば、馬瓶の輪を加熱して、洗浄する時の感覚を調節して、水温や角度などを調節して、便所の音の音楽などを覆っています。

しかし事実上、日本は便器の分野では本当の「後来のもの」と「回り道超車」である。明治時代、日本の全社会が「脱亜入欧」を始め、この運動の中で「便器」も勉強の範囲にある。大倉和親は1903年にヨーロッパで遊学した時、真っ白できらきらした便器を見て、心は驚きました。その時の日本人は屋外では下水道もないままのトイレで、日本のトイレを「近代化」することを決意しました。

実は、19世紀に日本では海外からの揚水便器を輸入し、20世紀初めに陶磁器を使って小便の池と和式のトイレの鉢を作っていました。しかし、日本では国産のポンプがない。初めての国産馬瓶が現れたのは1914年、ヨーロッパでトイレにショックを受けた大倉さんが開発した。

日本社会の中でゆっくりと水が広がっていく。1964年、日本は再び新しい文化の衝撃を受けました:スイスとアメリカは温水洗浄機能のある便器を使い始めて、日本はまた一回後進生になりました。伊奈制陶と東洋陶器は、スイスとアメリカから新型マババを輸入するしかない。3年後、日本はようやく「国産馬便器の蓋」が出てきた。この段階で、日本は欧米の便器を模倣して進んでいて、1970年代以降、徐々に逆襲してきたといえる。

1980年には、東陶社が初の「クラッシュ」の便器の蓋を発売したのは、日本の馬が逆襲する道の始まりだった。スイングの開発の段階で、300人の従業員が交代で試用して、肛門をきれいに洗うための水温を研究するのに最適です。そして、抗菌、汚れ、快適度の角度から考えて、洗浄の最適な噴射角度を研究します。繰り返しテストを経て、肛門を洗浄する際には、噴射角度を43度に設定することが発見され、女性は小便をした後に洗浄した時の噴射角度が53度に設定され、肛門を洗った後の水花を最大限に減らすことができます。

1987年にかけては、「究極の便器」がガーリー女王と呼ばれるようになったのですが、それの便器の蓋はもう軽くて、噴射管の前後の位置が調節できて、消臭機能とリモコン機能も付いています。これは今、多くの中国のマババの生産者がまだ達成されていない精緻な程度である。

日本最大の救急入浴設備メーカーは、90年代末には世界で最も効率的な水の揚水便器になりました。欧米の便器を学ぶことから、世界で最も水を省いた便器の中から、何十年もかかって改善していく。最初は、水が1回ごとに水を流しても13昇水する必要があり、これは家庭、公共施設の巨大な消費負担であると同時に、当時の水不足の深刻な社会の負担になりました。研究が改善された後、バスが50 %の水を節約するために50 %の水を節約することができます。当時の技術者は、6リットルはすでに省水の限界だと思っていたが、2002年にはまた、生産者はまた旋風洗浄法を発明した。これまで前から水を流す伝統的な方法を改めて、便器の両側から水と便器の縁を一定の角度で突き出して、自然に馬瓶の内に渦巻く。最後に、ごく少量の水だけで便器をきれいにすることができます。2012年までに、一度に3.8の昇水だけで、便器がきれいになります。

生産者は清潔な要求に対して、肉眼で見える清潔を満たすだけでなく、肉眼では見えないほど、研究を行う。最低の水で排泄物を流すのは十分ではありませんが、便器の中の細菌が消えてしまうと、安心です。

近年、日本メーカーでは、「除菌水」という特殊な液体が、便器の溝内や噴射管の表面に噴射し、除菌や汚れ防止のために使用されている。除菌水を清潔にして他に買う必要はありません。その出所は水道水です。便器の内部にある装置は、水の中に物質の電解を含んで、除菌成分を生成する。そして、「清潔除菌水」を便器の溝や噴水管に自動的に噴き出して、洗剤や薬品を使用しなくても99 %の細菌を取り除くことができますし、除菌効果も消臭と同じです。

人々は常に数十年前の日本も「パクリ大国」であり、多くの製品やアイデアが欧米に由来しているとよく言われているが、日本社会が今日になっても「パクリ」大国だと思っている人は少なくない。彼らは「持ってきた」ものをどんどん改善し、細部においてベストを尽くし、世界の認可を受けても源を超えているこれで「パクリ」かどうかについて気になる人はいない。

作権は著者所有に帰する。商業の転載は作者に連絡して許可を獲得して下さい、商業の転載ではありません。 Powered by:http://www.boozill.ru


2018雑誌掲載ブランド靴コピーN級品,一流の完壁な品質維持

ルブタン靴コピーN級品特別割引

www.boozill.ru/

全品人気を多数取り揃え!ブランドコピー靴全品送料無料!

                                                           Ads by Yahoo! JAPAN

------

Rss Feed:

PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R